電話する男性

電話機の種類

ビジネスホンの料金の傾向

ビジネスホンと呼ばれるビジネス用のシステムがあります。ビジネスホンが目的としているのは、遠隔地にいる相手と話す事です。つまり一般的に普及している電話機と、同じ役割を担っています。しかしビジネスホンと家庭用電話機には大きな性能差があるのです。家庭用の電話機はダイレクトに回線が接続されているので、電話番号を共有する事はできません。しかしビジネスホンは1つの電話番号を複数の電話機で共有できます。つまり電話機の1台が話中であっても、別の電話機で通信を受けられるようになるという事です。 ビジネスホンは一般的な電話機よりも高い値段で取引されていました。しかし価格が少しずつ見直された事によって、最盛期よりもかなり良心的な設定がされているのです。

リース契約が登場した経緯

当初のビジネスホンの導入方法は、購入するしか手段がありませんでした。利用者が少なく確実に回収をするためには、生産した製品を販売するやり方が好まれたからです。しかしビジネスホンの販売価格は、通常の電話機の数倍以上になります。その機種を複数購入した場合の導入費用は、非常に大きな価格になってしまうのです。 購入サービスの料金設定のせいで、涙を飲んで設置を見送った業者はたくさんいます。彼らをキャッチできるサービスとして登場したのがリース契約です。リース契約は維持費用の徴収によって成り立っています。それ故にリース契約サービスで提供される機器は、安価で導入する事ができるのです。現在の多くの企業はリース契約が適用される機器を数多く抱えています。